┃©MBC┃125部作┃韓国放送日2006年7月3日〜12月29日┃日本語字幕┃
 
 

既存の価値観や固定観念の拘束から逃れて 愛をはぐくんでいく人々の、
本当の「愛」を語る連続ドラマ 2006年新作!!  「どれだけ好きなの」


■出演
チョ・ヨジョン、キム・ジフン、チョン・チャン


■あらすじ
恵まれた家庭で何の不自由もなく育ったお嬢様。そんな女性が祖母と父親に育てられ高校も検定で卒業した男と恋に落ちる。愛は人生の縮図である。計画通り思い通りにならず、次々から次へとあらゆる逆境に前途を遮られる。それでも犠牲と忍耐と許しで乗り越えながら、真の人生の意味を探し、幸せを手に入れようとする若者を映し出す。ソンジュとドンスの恋、何ごとにおいても愛を重視するドンスの家族と、物質を優先させるソンジュの家族を通して、本物の幸せを得るためにはどれほどの努力が必要なのか、結婚を通して新たにできた新しい家族であっても、 互いに尊重し合い、かばい合い、希望を与える愛が生まれる。

■みどころ

カネで何もかもが解決する世の中。人々は幸せの絶対的な価値を物質におく傾向にある。
カネと名誉、社会的な成功。すべて人生に必要な条件ではあるものの、それはあくまで条件であり人生の目標ではないはずだ。だが今は、人生の意味や価値を考えるよりも、物質に支配される世の中になってしまった。もちろん人生の目標をどこにおくかは個人の選択ではあるが、その前提条件には心の平穏がなければならない。作られた価値観より、人として持って生まれた心、その心を大切にする人々のひたむきな生き方、そして彼らが人生を生き抜く糧とする「愛」について、もういちど考えさせられるドラマ。

 
   
  キム・ジフン(ソ・ドンス役)
漁船事故の責任を背負わされ、刑務所生活を送った父と年老いた祖母に育てられ、貧しい家庭で勉強もろくにできなかったドンス。
そんな厳しい家庭環境で育った彼だが、正直者で誠実な人間だった。そんな彼が、社長令嬢のソンジュと恋に落ちる。
  チョ・ヨジョン(イ・ソンジュ役)
新進気鋭のクラブ経営者を父に持ち、何不自由なく育ったソンジュ。
しかし、会社の後継者として子供に大きな期待を持つ父にとっては、頼りない娘だった。
圧倒的なカリスマ性を持った父の影で、どんどん自分に自信がなくなっていくソンジュ。
そんな時、貧しいが、 何事においても愛を重視する正直者で誠実なドンスと出会う。
  チョン・チャン(オ・ヒョンチョル役)
ソンジュの父の会社で企画室長を務めるヒョンチョル。
幼い頃父親を亡くし、母親は女手ひとつでヒョンチョル達兄弟を育ててくれた。
幼い頃から秀才だった彼は、必死で努力し、その才能を認められテヤン水産に入社。
完璧に仕事をこなす彼は、社内で、もはやなくてはならない存在となった。
(C)MBC
ウィンドウを閉じる
 

 
[KNTV TOP]