┃KBSドラマ┃16部作┃韓国放送日2003年9月15日〜2003年11月4日
 
 
日本語字幕付
 
 
 
 
物悲しい世の中で、心に傷を負った人々に
サンドゥが軽快に語る。
愛はある!愛だけが希望だ!『サンドゥ、学校へ行こう!』


■出 演
コン・ヒョジンイ・ドンゴンホン・スヒョン
ソン・ミンジュ、ビン、ヨ・スンヒョク、イ・ヨンハ


世の中があなたを欺こうとも、悲しまないで。それでも愛はあるから。
2003年ソウルの一角に暮らす27歳の男がいる。職業はヒモ、金持ちの女から金をせびり取ることを生業としている。でも実は未婚の父で7歳の娘がいる。稼いだ金を一年の3分の2を病院で過ごす娘の治療費に注ぎ込んでいるため、ビンボー暮らしを強いられている。
彼は幼い頃、交通事故で両親と死別して叔父のもとで育つが、10歳で捨てられてしまう。そんな彼にも恵まれた時代が訪れる。小学5年生の時、子供のいない金持ちの養子になるのだ。やりたい事は何でもできる、本当に夢のような時代を送るもののそれも8年で終止符を打つ。高校生になった彼は人を殴って脳死状態(後に回復する)に陥れるのだ。この事件をキッカケ(?!)に高校を中退、少年院あがりの前科者となる。さらに、養子の縁まで切られてしまう。
何という人生!弱い人間なら薬でも飲んで橋から漢江に3、4回飛び降りてしまうところなのに、彼は違っていた。いつも希望を胸に抱き、威勢よく歩き、豪快に笑い、最新ギャグのストックも100個以上、知り合いに会えば大きな声であいさつする。まるで世の荒波を吹き飛ばすかのように……。
彼を支えているのは、運命的な出会いから彼の心を支配しつづける"チェ・ウンファン"という女性と"チャ・ボリ"という娘の愛。彼が薬を飲む衝動や漢江に飛び降りたい衝動に駆られるたびに、2人の愛は彼を引き止める。

このドラマはその男の愛についての物語です
15年もの間、彼とチェ・ウンファンは互いを愛したが、一度も抱きしめることもできず、好きだとも言えなかった。2人はいつもすれ違い偏見と偽善に苦しめられた。世間の恋人たちを横目に、2人は他の相手と恋愛し、相手を傷つけることに時間を費やす。しかし、2人は決して悲観しない。

彼らの愛を信じます
人間よりも機械、愛よりも金。そんな物悲しい世の中で、心に傷を負った人々にサンドゥが軽快に語る。愛はある!愛だけが希望だ!

  ■ビ(チャ・サンドゥ役)
交通事故で両親と死別して"つばめ"の叔父と暮らすが、10歳で叔父に捨てられ、金持ちの養子になる。運命的に出会ったウンファンには想いを伝えられずにいる。高校2年の時、ウンファンを助けようと相手を殴ってしまう。待ち受けていたのは少年院、退学、養子の縁切り、そしてウンファンとの別れだった。
不良娘との一夜の過ちで生まれたボリは生まれつき病弱で、サンドゥはその治療費を稼ぐために"つばめ"になる。ビの魅力に酔ったマダムたちの札束は、そっくりボリの治療費に。そんなある日ウンファンと再会。彼女こそ自分のすべてだと悟る。そこでウンファンが勤める学校の守衛になり、やがてはウンファンが担任するクラスの学生になるが……。
  ■コン・ヒョジン(チェ・ウンファン役)
幼い頃、母が富と名誉を追って自分と教師だった父を捨てる。その恨みは9歳で迎えた継母シムランへの愛着に変わる。初恋の相手であるサンドゥが自分のために警察署に連行された日、無尽の金を踏み倒したシムランとともに夜逃げする。
師範大学数学科を辛うじて合格し、ビリで卒業して数学の先生になる。父を亡くしてからはシムランを実母のように慕う。シムランと賭け事で遊び、カラオケや売れ残った豚足をつまみに焼酎を飲むのが唯一の楽しみ。愛するミンソクの妻になることを夢見ている。
  ■イ・ドンゴン(カン・ミンソク役)
両親とも交換教授として外国で生活するエリート一家に育つ。裕福で気品があり、寛大さと余裕を兼ね備えている。婚約者のウンファンを愛しているが、いつの日からか彼女の心が揺れ動いていることに気付く。その相手があの破天荒なサンドゥだと知り、プライドが傷つく。
自分より相手を幸せにできる相手なら身を引けるが、まさかサンドゥにウンファンを任せられない。ウンファンがサンドゥに寄せる想いは幼稚な幻覚に過ぎない。だから決心する。何が何でもウンファンは俺が守ると。
  ■ホン・スヒョン(ハン・セラ役)
8歳の時、未婚の母である母親に実父の家の前で置き去りにされる。しかし、実父はすでに引っ越した後で、孤児院で育つ。16才の時、無銭飲食で捕まったのを助けてくれたのがサンドゥだった。一目惚れして何年も追い回すが、相手にされない。そんなある日泥酔したサンドゥに会い、旅館へ連れ込む。指一本触れられなかったが、別の男の子どもを妊娠していることに気付き、サンドゥに濡れ衣を着せてしまう。スヒョンは病弱な赤ん坊を孤児院に捨ててしまうが、後にサンドゥが赤ん坊を引き取ったと知り……。
スーパーモデル級のスタイルを生かしてスヒョンは足のモデルになる。何度か男と同棲するが、みんな詐欺師のようなろくでなしばかり。それなのにサンドゥは、ボリの母親である彼女を見捨てられず、困った時には必ず助けてくれる。心の中はサンドゥに対する罪悪感でいっぱいだが、いつかサンドゥの妻になって、これまでの借りを返したいと思っている。
  ■ソン・ミンジュ(チャ・ボリ役)
サンドゥとセラの娘。先天性の再生不良性貧血で入退院を繰り返す。祖父マンドも手を焼くおてんばで、嫉妬深い。医師や看護婦までよく騙す病院の要注意人物だ。サンドゥが写真を見せてくれた香港の女優ジョイ・ワンを亡き母だと信じている。世界で一番好きな人はパパで、一番愛している人は担当医のミンソク先生だ。しかしウンファンがミンソクの恋人と知ると、小さな頭をフル回転させて恋の復讐を始める
  ■ビン(ユン・ヒソ役)
ジファンを好きなウンファンのクラスの学生。父親が外航船の船員で、母親は若い男と踊りに熱を上げて家を出てしまう。母親の血を受け継いだためかヒソも身のこなしが軽快だが、クラブへ行っても絶対に踊らない。
数学の天才だが、問題をよそに物思いにふけたり、ウンファンを物笑いの種にする。ミンソクが理想のタイプなことも手伝って次第にウンファンがうとましく思えてくる。クラスの生徒を扇動してウンファンに痛い目を遭わせるのが唯一の楽しみ。転校生ジファンがウンファンの弟であるとも知らずに、恋に落ちる。ジファンとその敵サンドゥとはなぜか意気投合し、親友になる。しかし、やがてサンドゥが"つばめ"と知り裏切りと怒りを覚える。
  ■ヨ・スンヒョク(チェ・ジファン役)
成績では最下位を這いつくばっているが、拳ではテサン高校トップ。そのため男子はたじろぎ、女子の人気は一手に集める。歌と踊りとバイクに夢中で、母親にもケンカを売って反抗する。ウンファンともよく争うので、学校では2人が姉弟であることはあまり知られていない。
サンドゥが守衛として学校に入って以来、ことあるごとに2人は衝突する。ついに2人は対決するが、惜敗。虎視眈々とサンドゥを倒す次なる機会を狙う。次第にウンファンとサンドゥのただならぬ関係に気付き、決死の邪魔作戦を遂行する。
(C)KBS
 
ウィンドウを閉じる
 

 
[KNTV TOP]