ドラマ 放送終了


メディカル・トップチーム

メディカル・トップチーム

クォン・サンウ×チュ・ジフン×ミンホ(SHINee) 豪華キャスト競演の最新作!!

出演クォン・サンウチュ・ジフンチョン・リョウォン、ミンホ(SHINee)
提供元
©2013 MBC
部作 20部
韓国放送日2013年10月9日
〜2013年12月12日
KNTV初放送2014年5月17日
〜2014年7月20日
字幕付き ハイビジョン画質

各回のあらすじ
予告編1 予告編2 予告編3

 番組紹介

KSW_270x60_KNTV

クォン・サンウ×チュ・ジフン×ミンホ(SHINee)
豪華キャスト競演の最新作!!

<日本初>※日本語字幕

■ 出演
クォン・サンウ(『野王』)、チュ・ジフン(『蒼のピアニスト』)、チョン・リョウォン(『ドラマの帝王』)、オ・ヨンソ(『オ・ジャリョンが行く』)、ミンホ(SHINee) ほか

■ 企画 キム・サンホ

■ 制作 イ・サンベク

■ 脚本 ユン・ギョンア KBS『ブレイン』『勉強の神』

■ 演出 キム・ドフン『太陽を抱く月』『ロイヤルファミリー』『輪廻-NEXT』MBCベスト劇場『片思い』など多数演出

■ 演出 オ・ヒョンジョン

■ 報道資料
1.クォン・サンウ印の医師、パク・テシンが期待される理由
クォン・サンウ扮するパク・テシンは腕のいい外科医で、子供の頃から知り合いのファン・チョルグを慕って、無料診療所のパラン病院で働いている。暖かい性格で、突飛な行動といたずらっぽさは憎めない悪童のようでもある。
これは今まで大衆が俳優クォン・サンウの出演作で馴染んできた、不変の魅力ポイントをひと際浮き立たせることを狙ったもの。子供時代の暗い記憶によるニヒルでクールな内面を持つパク・テシンの意外性は、クォン・サンウによってより立体的に描かれて、ストーリーに力を加える主軸になると思われる。
善い男と悪い男のどちら側にも属さないパク・テシンのキャラクターは俳優クォン・サンウに巡り会って、新しく生まれ変わった。パク・テシンの持つ二重性と繊細な感情を表現しようと、クォン・サンウは誰にも引けを取らない練習量を消化しているそうだ。時と場所を選ばず、台本を手に声を出して台詞を読み始める彼からは単純に演技のためではなく、パク・テシンと自分を一体化させようとする努力がうかがえる。
また撮影場では自他公認のエンドルフィンメーカーとして活躍し、韓流トップスターという名声にも拘わらず、驚くほどの親和力と気取らなさで雰囲気を盛り上げている模様。スタッフの仕事も進んで手伝う彼の人間的面貌は、キャラクターの表現力にも自然に溶け込んでいる。関係者によると、「定型化しないキャラクターのパク・テシンには俳優クォン・サンウと人間クォン・サンウが共存する。医師である前に人間として、視聴者の心を動かせる感性の人物として描かれるものと期待される」と語った。

2.ミンホ、初撮影現場公開
新村セブランス病院で行われた撮影に現れた彼は、手術服の上にガウンをまとった姿で、ほのぼのしたビジュアルショックを与えてくれた。小顔で背が高い体躯にガウン姿がピタッと決まり、トレードマークのスマイルは他の医学ドラマにはなかった、「ヒーラー」としての役割を、きっちりと果たしてくれるものと期待される。
公開されたスチールは第1回に放送される1シーンで、タブレットを抱えながら報告をする生真面目さと、にっこりと微笑を浮かべる純朴さを交互に見せて、「ミンホのキム・ソンウ」に対する期待を高めている。
早めに現場に到着していたミンホは先輩俳優たちに自分から近寄って行き、丁寧にあいさつをして助言を求めるなど、熱意を見せたそうだ。忙しい活動スケジュールにも拘わらず、キム・ソンウ役に固執した分、俳優として新たに注目を浴びるものと予感させた。
初撮影を終えた彼は、「浮き浮きする気持ちで撮影を終えた。初撮影なので緊張したせいで、準備したようにうまくできなかったようで、物足りなさも残るが、これから学ぶ姿勢でより一層努力するつもりだ。先輩や監督、スタッフと一緒によい作品を作れるように最善を尽くしたい」と強く抱負を語った。
『メディカルトップチーム』は各分野の最高医療陣が集まったチームを通して、今まで注目されなかった階層別に差別化された医療サービスの急所を突いて、お茶の間に新鮮な衝撃を起こし、これに対立する人物たちの熾烈な争いを扱ったドラマだ。

3.人物関係図電撃解剖
放送に先だって、主人公たちの関係を掘り下げてみる。まずドラマの中心である天才外科医師のパク・テシンと、熱い野望を持った胸部外科のソ・ジュヨン、冷徹なカリスマの内科科長でトップチームのリーダーのハン・スンジェ。3人はライバルであり同僚である、微妙な対立角と三角関係を成しながら、物語に歯ごたえを加える予定だ。
さらにトップチームを全的に支援しつつ、権力の頂点に立とうとする野心を胸に秘めるクァンヘ大病院副院長のシン・ヘスと、彼女の腹心の役目を務めながら病院長にのし上がろうとする仮面を被ったチャン・ヨンソプの張りつめた神経戦、そしてチャン・ヨンソプの配下のペ・サンギュの姿は権力を握ろうとする者たちの暗闘の現場を生々しく描き出す。
またテシンに特別な感情を抱く胸部外科専攻医のチェ・アジンと、そんな彼女に淡い恋心を抱くキム・ソンウのラブラインはドラマに活気をもたらす。
この他にもトップチームのメンバーである、個性的なチョ・ジュニョク、チョン・フンミン、ユ・ヘラン、ヨ・ミンジ、そしてパラン病院院長のファン・チョルグまで、演技派俳優たちの味のある助演はドラマに安定感をもたらすだろう。
このようにさまざまな魅力を持った主人公たちがトップチームという名前で団結することになる興味津々な事情と、彼らが難病治療のために孤軍奮闘するストーリーは最高の感動を与えてくれるはずだ。

■人物相関図
人物相関図

 企画意図

このドラマは国内最高の実力を誇る医療協診(*)ドリームチームの旅程と、これを巡る医師たちの物語だ。
すべてのための最上の医療サービスを目指して出帆したドリームチームは、輝かしい成果を着々と挙げるに従って、質の高い診療を受けようとする特権階層の需要が高まるなか、アイデンティティーの混乱を体験することになる。
すべての人は医療の前で平等でなければならないと主張するパク・テシンと、能力に従って差別化された医療サービスを受ける権利があると主張する者たちの対立を描くことで、今の医療が究極的に目指すべき価値を問う。
また、純粋な趣旨から出発したドリームチームが、予想外の荒波に巻き込まれながら、進化あるいは変質する人間の欲望と、そのなかでも本当の価値を失うまいと努力する人物たちを通して、人間の本質について描いていく。
各人の傷とジレンマを抱えて生きてきた登場人物たちが一チームになって、一連の騒動を力を合わせて克服しながら、徐々にお互いを理解し合い、それぞれの傷を踏み越えて成長していくなかで、誰かを治癒するということは、つまり自分を治癒する過程であることを語りたい。
(*)協診:東洋医学と西洋医学を併用して診療すること

 登場人物

パク・テシン役:クォン・サンウ

パク・テシン役:クォン・サンウ

 外科&胸部外科医師。多様な分野に精通。明晰な頭脳を持ち、堂々とした自信感とストレートな性格と的を正確に衝く言行のせいで、傲慢で悪い男と誤解される人物。突飛な行動で相手をびっくりさせる時もあるし、少年のような茶目っ気は真面目さに欠ける男に見える。だが、ちゃらんぽらんに見えるが純粋だ。あたたかい性格なのに、冷やかな素振りをする。生まれてすぐ親から捨てられた、幼いころの記憶に由来するのだろうか。本心を見せるのが苦手で、親しい人には余計に素っ気ない。現在は腕のいい医師で、どこにいても堂々として自信満々で、輝いている。6ヶ月ほどファン・チョルグが運営する無料診療所のパラン病院で無給医師として働き、そろそろアメリカに帰ろうとしたところに、予想外の出来事が起きて彼の足首を捕まえる。

ソ・ジュヨン役:チョン・リョウォン

ソ・ジュヨン役:チョン・リョウォン

 胸部外科医師。子供の頃から医者になるのが夢だった。完全に自分の力で達成できる身分上昇だからだ。後輩医師たちからはあくどいだの、我が強いだの、狂った犬だとの呼ばれていることは百も承知だ。女医が珍しい胸部外科で生き残ったことは紛れもない事実だから。今まで誰にも家族について話したことはない。彼女にとって、家族とは他人に見せたくない傷のようなものだ。さもしい家族から脱出するため必死で勉強して、科学高校進学後は、すべてのことを自分1人の力で解決した。たゆまず努力する野望の塊だが、かといって欲張りではない。
医術だけでなく、処世にも優れている。望むものを手に入れるためには、鋭い爪を隠して、愛想笑いをすることも心得ているが、その微笑がどれだけキュートで、自分がどれだけ愛くるしい女性なのか、まるで気づいていない。
パク・テシンを初めて見た瞬間、胸中の何かが、ぽきっと折れた感じがした。

ハン・スンジェ役:チュ・ジフン

ハン・スンジェ役:チュ・ジフン

 クァンヘ大病院内科科長&重患者医学細部専門医。たった今身だしなみを整えて出て来たような端正さと品位がある。しかしいつも品格だけを気に掛ける高潔な男ではない。病院で働く清掃員を手助けしようと、黙々と拭き掃除したり、みすぼらしい田舎の患者の前に屈んで、靴を履かせてやる気さくさもあった。
クァンヘグループのイ・ドゥギョン会長の隠し子だ。姓さえも母方を名乗らざるを得なかった事を特に恨んだりしなかった。出来のよい会長の息子たちに引けを取らない能力があることを証明して、父から認められるのが彼の最大の目標だ。このため協診チームを国内最高の医療チームに成長させ、病院内の勢力統合の足掛かりにして、将来クァンヘ大病院の病院長になろうとする。
 最年少スタッフを経て高速昇進した点において、ソ・ジュヨンを制した唯一の先例だ。
兄嫁に当たるシン・ヘスとはお互いに一度も争ったことはないが、常にピンと張りつめた緊張関係を維持する。自分が生存するためにはシン・ヘスを追い払わねばならないという事実を肝に銘じている。

チェ・アジン役:オ・ヨンソ

チェ・アジン役:オ・ヨンソ

 クァンヘ大病院胸部外科専攻医3年次。すらりとした身長にスリムなボディ。きびきびした足取りにふさふさしたショートヘア。女子中学校バスケ部キャプテンみたいに見えるボーイッシュな魅力がある。勇ましく快活だ。病院の休憩室でよく響き渡る笑い声がしたら、それは彼女だ。
ソ・ジュヨンは彼女の偶像でロールモデル。利口で意志が強い上に女性らしさもある彼女がすごく羨ましい。今は無責任で無能だとソ・ジュニョンに手ひどくこき下ろされているが、いつかはジュヨンに認められる後輩になりたい。
 初めはパク・テシンの意地悪な行動を不思議に思うが、時間が立つに従って、魅力を感じ始める。

キム・ソンウ役:ミンホ

キム・ソンウ役:ミンホ

 クァンヘ大病院胸部外科専攻医3年次。彫刻のようなルックスでどこへ行っても目につくイケメン専攻医。マナーがよく、気が利くので周囲の医師と看護師に評判がいい。同期のアジンの守護天使のようにいつも彼女の側にいて、手助けをする。片思いするアジンについてトップチームに志願するが、アジンの気持ちがだんだんテシンに向かっているようで、胸が痛む。

 みんなのお気に入り度

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (284 投票, 平均値/最大値: 4.22 / 5)
この番組の「お気に入り度」をおしえてください!あなたの投票が「人気番組BEST」に反映されます!
 5つ・・・最高!  4つ・・・面白い  3つ・・・ふつう  2つ・・・いまいち  1つ・・・きらい
マウスでドラッグすると、の色が変わります。
Loading...Loading...

 コメント

番組に関するお問い合わせ

※コメント欄ご利用の皆様へのお願い
コメント欄を利用する上でのマナーをお守りいただきますようお願いいたします。 不適切なコメント、他人を不快にさせたりトラブルの恐れがあるコメントと判断される場合は 予告なく削除・書き込み制限、また止むを得ずコメント欄を休止する場合がございますのでご了承ください。

匿名さんのコメント(2016-08-04 8:59:57)

かえって

saran-saranさんのコメント(2015-11-22 12:54:05)

初回放送、アンコール放送と見ましたが医学用語が多少理解出来ますので興味深い作品でした。チュ・ジフンssiのカリスマ性、役にピッタリでオモニとの別れのシーンは見ていてウル、ウル(>_<)でした。チョン・リョウォンssiも良かったです!最後、内科科長とソ教授とのシーン、二人の明日が想像出来ホッとしました。見応えあるドラマでした。

しんじぼんさんのコメント(2015-10-23 23:42:07)

おもしろかったです。これまでにない、爽快なドラマですね。

izumiさんのコメント(2015-10-01 19:59:56)

パクテシン先生最高!さすがクォンサンウ!百面相です。

匿名さんのコメント(2015-06-22 20:45:10)

(*^o^*)

夢さんのコメント(2015-06-21 22:06:06)

恋の行方が気になる!

みぃーさんのコメント(2015-03-10 17:30:53)

チョン・リョウォンちゃんのファンです。テンポも良く引き込まれました。ましも良く、

ミノさんのコメント(2014-11-25 12:26:18)

一挙放送をお願いします。

daikitoayakaさんのコメント(2014-11-19 15:04:57)

一挙放送をお願いしま~す♥ (●^o^●)

みなみさんのコメント(2014-11-13 15:34:13)

相変わらず 忙しくて皆さんのコメント見ながら クォン。サンウさんファンの私は、きtっとテソン先生役が、クォンサンウさんの魅力を引き出していると良いなあと今から楽しみです♡^^Vチュジフンサンさんも最近頑張っていますね^0^

華さんのコメント(2014-08-09 8:13:56)

9月からの放送、楽しみにしています。とてもいいドラマですね☆

kenさんのコメント(2014-07-29 12:16:53)

一挙放送お願いします。

Chieさんのコメント(2014-07-24 11:39:55)

是非是非、アンコール&一挙放送お願いします!!

匿名さんのコメント(2014-07-22 10:56:44)

少し医学用語が理解出来るで、興味深く、久々に見応えあるドラマに出会えた感じで見ました。サンウssi、

匿名さんのコメント(2014-07-22 9:56:30)

見応えあるドラマでした。医学界のドラマというと野望を描いた作品が多いようですが、その点、この

麗
韓流パック

KNTV のお知らせ

KNTV リクエスト

月間番組アクセスランキング

バラエティ予告一覧